IEA Photovoltaic Power Systems Programme

  • 国際エネルギー機関・太陽光発電システム研究協力プログラム(IEA PVPS)は、国際エネルギー機関(IEA)内に制定された研究開発協力プログラムの一つです。1993年の設立以来、IEA PVPSの参加国・機関は、太陽光発電の応用に関する様々な共同プロジェクトを実施しています。

  • PVPSの32の参加国・機関は以下の通りです:オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、チリ、中国、デンマーク、SolarPower Europe(旧EPIA)、欧州連合、フィンランド、フランス、ドイツ、国際銅アライアンス(ICA)、イスラエル、イタリア、日本、韓国、マレーシア、メキシコ、モロッコ、オランダ、 ノルウェー、ポルトガル、 米国太陽エネルギー産業協会(SEIA)、米国スマート電力アライアンス(SEPA)、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ、トルコ、米国。

  • ミッション・ステートメント(2012年より):

" 持続可能なエネルギー・システムへの転換における基幹エネルギーとしての太陽光発電の役割を促進するための国際協力による取組み の強化"

  • 参加方法:

IEA PVPSは、太陽光り発電の応用に関して共同プロジェクトを実施しています。現在、IEA PVPSプログラムの下で7つのTasksと呼ばれる研究プロジェクトが行われています。